タクシー業務の収入|身につけた能力を活かせる仕事|貿易の求人をチェックする

身につけた能力を活かせる仕事|貿易の求人をチェックする

メンズ

タクシー業務の収入

タクシー

中高齢者が再就職しやすい

ひと昔前に比べて国内の雇用情勢は改善しつつあるようですが、それでもリストラによる人員整理が後を絶たない状況であります。リストラされて再就職先を探そうとしても、中高齢者では勤めていた仕事と同じ職種での就職は厳しいようです。中高齢者という立場ですから、一から業務を学ぶというのは大変でしょうし、家庭を抱えていると生活のためにもある程度収入のある仕事に就かなければなりません。そうした中高齢者の受け皿として最も適した職業がタクシー運転手です。タクシー運転手の求人欄を見ると年齢学歴関係なく募集していますし、二種免許がなくとも就職後に二種免許講習を受講させて貰えるなど待遇面も充実しています。求人募集も多いので非常に就職しやすい環境にある職種であると言えます。

歩合制の会社が多い

タクシー運転手の給料は基本給よりも歩合制が多く、お客さんを乗車させるほど自分の収入が増えていくことになりますので、より多くのお客さんを見つけなければなりません。しかし不況の煽りからタクシーを利用する人の割合は減少し、また規制緩和による自由化などで多くの企業がタクシー会社に参入している現状を見ると、歩合制であることがタクシー運転手の年収を引き下げているのです。現在の日本人の平均年収が400万円以上です。それに対してタクシー運転手の平均年収は300万円台と言われています。しかし歩合制により年収200万円台というタクシー運転手も少なくありません。こうした現状ですから、収入面では厳しいやる気を持ってお客さんを獲得していくことで年収は上がっていきます。どの時間どこを流せばお客さんを見つけることができるなど、そういった長年のタクシー運転手の経験によってコツコツ顧客獲得を増やしていけば、年収500万円以上になることも難しくはないでしょう。